ヘミングウェイ【老人と海】感想

どうも、味噌の住人です。

先日、飲みに行った時に【老人と海】という小説を友人からお借りたので読んでみました。小説を読むのはいつぶりだろうと思いながら読み進めたんですけど、小説って良いですね!!(笑)なんかその世界観にどっぷり想像をしながら入り込んでしまうといいますか。またこの貸してもらった【老人と海】。ヘミングウェイの【老人と海】これがちょうど今の僕に刺さって良かったのか?すごく気持ち良くそして切ない気分にさせてくれました。

 

ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

あらすじ

登場人物

  • 老人(サンチャゴ)
  • 少年(マノーリン)
  • マカジキ
  • サメ

 

メキシコ湾流で漁を行って暮らす老人(サンチャゴ)は一匹も釣れない日が84日も続いてるという所から始まります。元々は腕の良い漁師だったんですけど、84日も一匹も魚が釣れないと周りの漁師からバカにされ始めるんですね。そんな、老人を気遣って食べ物とかコーヒーとか新聞とかを差し入れしてくれるのがマノーリンという少年です。この少年は老人と共に、漁をしていたんですが、あまりにも魚が獲れないので両親から「別の船に乗って漁をしなさい!!」って言われてしまって、他の親方の船に乗っています。ですが、老人の事をとても尊敬しているからこそ凄く気遣っているワケですね。

 

そして、老人は「大物を釣ってやるぞ」と早朝に船をだして漁に出かけます・・・

 

老人とマカジキの格闘

老人は鳥を目印に魚がいる所に網貼ったりして、ついに、大物の獲物(マカジキ)を網に捕らえる事に成功します。しかし、ここからが格闘で無理やり網を引っ張ると網がちぎれてしまうので、マカジキが弱るまでひたすら待つんですね。網にかかったマカジキに船が引っ張られて、網の変化とか気にしながら3日間も老人は格闘します!!

 

その3日間で老人は「あの少年がいてくれたらな~!!」ってめちゃ大声で何回も叫びます。老人は少年との漁が嬉しかったのかもしれません。そして、寂しかったのかもしれません。

 

2日目~3日目になると、老人も頭がおかしくなってきてマカジキに話しかけてます。「おい!お前が戦う気でいるなら、俺は死ぬ気で付き合うぞ」とマカジキに話しかけてます。

 

途中から自分の腕にも話しかけるようになります。網をつかんでいる手が疲労してくるのですが、食事を済ませた後に「どうだ?エネルギーを感じるか?まだ早すぎたかな?」みたい感じて自分の左腕とかに話しかけてます。

 

悲しい結末・・・

3日間の格闘をした老人は、ついにマカジキを倒す事ができるのですが、あまりにも獲物が大きい為か船に乗せる事ができませんでした。その為、船の横にくくりつけて家にまで帰ろうとします。しかし、船に括り付けているマカジキから流れる血をかぎつけた鮫が何度も何度もを襲いにやってきます。マカジキとの格闘の後に、マカジキを鮫から守るという格闘が待っていました。

 

最終的に沖に到着した時には、獲物のほとんどを鮫に食われてしまっておりました。老人はめまいや腰の痛みが酷く、家路につくとすぐに眠ってしまいます。

 

ほとんど骨だけ残った巨大なマカジキ(頭から尻尾まで約18フィート)1フィート約30cmなので540cm??とデカい獲物の残骸とボロボロになって寝ている老人をみて少年は泣きながら老人を気遣います。「食べるものと新聞もってくるから待ってて!」って言いながら泣きながら老人の家をでます。

 

感想

めちゃくちゃ要点だけ書きましたが、84日間も魚が釣れなくて「今日こそは大物釣ってやる!!」と意気込んで漁に出かけて、3日間の死闘を繰り広げて、最後は骨しか持って帰る事が出来なかった老人。という、終わり方は人生の厳しさを教えてくれているようにも感じました。また、老人と少年の温かいやり取りは個人的に好きです。格闘しているシーンとかで「きっと今日こそは!とにかく、毎日が新しい日なんだ」と老人が自分に何度も喝を入れるシーンも良かったです。なにか諦めない精神を教えてくれる本だったと思います。

 

いや~小説いいですね。やっぱ本いいですわ。好きなように自分の想像が広げれるのいいですね。最近【お家で過ごそう】流行っているので、他にも小説を買ってこようかな。と思うきっかけになりました。

 

   
   
お禿げ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする