レム睡眠を狙い撃ち!!

どうも、味噌の住人です。

僕は基本眠るのがあまり上手ではありません。

 

平日は夜更かしして5~6時間睡眠、土日に12時間睡眠。

このような不規則な生活を送っております。そして、これで良いと思っていました。。。

 

しかし、睡眠負債の利子は大きいという事を勉強しました。

土日の寝だめだけでは睡眠負債は返済ができない為、肥満、糖尿病、高血圧、認知症、寿命が短くなるリスクが高まるそうです。

 

長く眠れば良いのか??いいえ、質が大事!!

良く聞く話ですが、睡眠は90分のサイクルがあると言われております。深い睡眠【ノンレム睡眠】浅い睡眠【レム睡眠】を交互に繰り返しております。

 

一周目のノンレム睡眠(黄金の90分)が最も深く、最も重要と言われております。脳は脳脊髄液に守られております、その脳脊髄液に老廃物が溜まるらしいんですが、睡眠によってその老廃物を取ってあげる必要があるのです。

 

質の高い睡眠をするには、眠る90分前にお風呂に15分浸かる事が重要と言われております。温まった体温が下がっていく過程で手足から熱を放出していきます。体温が下がり手足からその熱が放出する過程で眠りにつけると良いらしいです。

 

・・・なんか細かいし、そんな精確に睡眠取れる気がしません。シャワーでいいかな。

 

起き方を工夫をする。

これも良くある話ですが、寝る前のルーティン化です。

何時に寝て何時に起きるのかを決める!!質の高い睡眠を継続する事で免疫力やパフォーマンスが上がるらしいです。

 

なんとか努力したとして、寝る前にお風呂に入って布団に入って眠れたとしても朝起きるのって苦痛じゃないですか!?

 

という事で、朝起きる時はレム睡眠(浅い睡眠)の時に起きるようにアラームを掛けると良いらしいです。なぜなら、深い睡眠の時に起き上がるのは体への負荷が大きいからです。

 

どうしたらレム睡眠の時に起き上がれるか!?

 

アラームを2回セットします。

  • 一回目:小さいアラーム音
  • 二回目:20分後に普通のアラーム音

 

レム睡眠の場合、小さいアラーム音でも気が付いて起きられるらしいです。

ノンレム睡眠の場合は気が付く事はなく起きれないらしいので、その20分後に普通のアラームをセットしておき、ずらして起きるという戦法です。

 

なるほどね!!睡眠が浅くなった時に起きる!!これは良い戦法だなと思いました。

 

小さいアラーム音ってなくね??

小さい音でレム睡眠の場合起きれるらしいので、イメージとしては小鳥のさえずり(ちゅんちゅん)のような音量ぐらいですかね??iPhoneをいつも目覚まし代わりに使っておりますが、小さいアラーム音どうしようかな??と考えました。

 

G-ショックのアラーム音って(ぴーぴーぴーぴーって奴)比較的に音量が小さいので僕の場合は1回目をG-ショックのアラーム、2回目をiPhoneの通常の爆音アラームでレム睡眠を狙い撃つ感じでアラームをセットして今日は眠ってみたいと思います。

 

お禿げ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする