自転車ライトは【ATARAXIA】がコスパ最強だ!!

どうも、味噌の住人です。

僕は中学生の時に自転車の魅力に取りつかれて今でも趣味程度に自転車に乗り続けております。

  • 中学生の時、名古屋から琵琶湖までサイクリング、浜名湖一周イベント参加。
  • 高校生の時、陸上部に入り肉体改良しながらロードバイクを購入する。
  • 大学生の時、片道40kmをロードバイクで通学、犬山のレース参加、ピストも買う
  • 社会人になり、名古屋出発で下呂、京都、大阪、金沢などサイクリングを複数回。

一応「僕、自転車よく乗るんですよ~」って人に言えるぐらいの回数は乗ってきました。

 

中学生から自転車でサイクリングをしておりますので、自転車歴としては18年くらい経っていると思われます。その自転車歴の中で一番コスパが良いと思った自転車ライトを紹介します。

 

ATARAXIA自転車ライトがオススメ!!

このライトの良い所は以下の内容です。

  • 値段が安い
  • 1200ルーメンで明るい
  • 防水
  • 充電式

 

キャットアイとの比較

自転車のライトといえば、自転車屋さんならまず売っているキャットアイというブランドがありますが、正直に言います。

値段が高い!!こちらがキャットアイ定番の商品です。

 

自転車を購入したばかりの初心者が「とりあえず自転車にライト付けておかないといけないから付けておくか~」で購入するライトの代表と言っても過言ではありません。あとこのライトは僕は少し目を離したすきに2回盗まれた事があります。(関係ないか)

 

単三乾電池2本を使用してるライトですが、たったの15ルーメンです。価格は約2000円。街乗りでお巡りさんに止められないように一応付けておくか程度の明るさ暗闇のクライミングではほとんど役に立ちません。”ルーメンとは・・・LED証明の明るさ単位です。光源がすべての方向に放射する光の量の値でルーメンの数値が大きければ大きいほど明るくなります”

 

ATARAXIAのライトはとにかく明るい

今回紹介したい商品はコチラです。

金額はキャットアイとさほど変わりありません。
2,480円と480円高いですが、バックライトも付いてきます!!
そして、この商品は驚きの1200ルーメンです!!(笑)
街で撮影したので全体的に少し明るいです。
街中で点灯するとこんな感じ
暗闇の道で点灯するとこんな感じです。路面がはっきり認識できます。
(すれ違う人が眩しすぎる為、なるべく下向きでライトを装着してます)
街中ではもちろん、夜の山道でも頼りにできるライトです!!
ライトを固定する土台はかなり調整できるようになってますのでご安心を!!
充電式なので、電池切れの心配もありません。ロングライド時はモバイルバッテリーがあれば安心です。
僕はこのライトを2年くらい使用しておりますが、今のところ故障はしておりません。

自転車ライトでコスパ最強のATARAXIAいかがだったでしょうか?
個人的には値段も明るさも機能も全部嬉しい商品でした。
それでは、良い自転車ライフを過ごしましょう!!
お禿げ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする