日の出ラーメン 名駅西口分店

日の出ラーメン 名駅西口分店に行ってきた。

タイトルにあるように、日の出ラーメン名駅西口店に行ってきた。

 

前回のご飯の思い出シリーズを読んでいただくと分かるが、デブソバリパブリックやあっ晴れなど、僕はまぜそばが好きで良く食べている。まぜそばを好きになったきっかけが今回紹介する【日の出ラーメン名駅西口分店】・・・ガッツ麺DXである。

 

そんな思い入れたっぷりのお店を今回は紹介していきたいと思う。

 

まずは外観!!

申し訳ないのですが、お店の外観を取り忘れてしまった。ネットから拾ってこようか悩んだが、1週間検討した後イラストを描く事にした。名古屋駅の新幹線側には銀時計という待ち合わせスポットがある。そこを通り抜け、真っすぐ言って左に行くと(※雑)【日の出ラーメン】という、のぼりが見えてくる。詳細は食べログを見て欲しい。

 

入店すると、券売機がある。まぜそば以外にもメニューはあるが、ガッツ麺DXだけはボタンのサイズが大きいから、すぐに分かる。むしろ大きすぎて分からなかったほどだ!!

ガッツ麺DXは、同じ料金で大盛にする事ができる。お腹が空いてないと大盛を私は食べ切る事ができないので、大食いに自信のない人は初めは普通でも良いかもしれない。

 

いよいよ、ガッツ麺DX登場!!

良かった。ちゃんとラーメンの写真は撮っておいてた。この上に載っている玉をふんだんにかき混ぜる。かき混ぜている最中、ヨダレが垂れそうになる。混ぜ終わった後は、お好みでラー油、酢、ニンニクを入れていく。そして、あとは黙って食べるだけだ!!

 

そして、僕が黙ってもくもくと食べている横に珍しく女子大生らしき若い女の子が3名いたまさかのカウンターで女子会を繰り広げていた。入口付近は行列ができており、みんなきっとガッツ麺DXを早く食べたくて仕方ない人達ばかりであろう。女子会をやる場所は考えて欲しいと筆者は怒りつつも、ガッツ麺DXを食べ終わり満足な笑みでお店を後にした。

 

唐突だが、僕はハゲている。28歳。

 

僕は食べながらラーメン屋で「女子会やるなよ。」という目で女の子達を見ていたせいか、女性達にも「なんだあのハゲ」というような目で最後は見られていた気がする。僕は女子会に負けないとハゲながらも誓ったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする