でらROCK2020に参戦!!

でらROCK2020 1日目に参戦してきた。

でらROCKとは、RADクリエーションというとこが企画しているらしく参加者の僕としては楽しめれば良いので詳しく知りたい方は「でらROCK」で検索してほしい。ざっくり行ってしまうと、名古屋にある複数のライブハウスをぐるぐる歩いて周りながら楽しめる音楽サーキットイベントだ。

 

こちらを見て欲しい。

だいたいこんな感じで会場が沢山あり、もちろんアーティストも複数参加している。気になるアーティストには丸を付けておいて順番に観ていく感じだが、約5,000円でこんなにも複数のライブを観れるのはお得じゃないだろうか??大体、1回のライブって2時間で3,000円くらい取られるけど、このイベントは約5,000円(1日分)でほぼ1日楽しめてしまうのである。僕は友人と参加したが、一人で参加している人も沢山いるように感じた。アイドルとかも観に行ってみたかったけど、今回は断念した。

 

引き換え所で緑色のリストバンドをゲットした、手が妙にキモイ。本当はビールとリストバンドをセットで写真を撮る予定だったが、ビールを買うタイミングを逃して、この変な握り拳のような写真しか撮れなった。ちなみにこの写真は名古屋クラブクアトロに来た時の様子だ。2日間通し券を買っている人は赤色のリストバンドをしていた。(多分)

 

唐突だが、僕は禿げている。28歳だ。

 

過去に書いた記事を読んでいただくと分かるが年始から僕は円形脱毛症になり、禿げているのである。今は2月、この寒い冬にこの禿げた状態で外を歩いていると間違いなく頭部はカチカチに凍えてしまうのである。つまり、帽子は必須である。あと、禿げている事もできれば隠したい28歳の男性だ。もう一度言うが、帽子は必須なのである。

 

しかし、ライブハウスというのは人が密集するし、アーティストによっては飛び跳ねたり、みんなで走り回ったり、猛烈に汗をかく。そんな中、僕は帽子をかぶり続けなければならない、女の子も多いから恰好をつけたいのである。「あ、あいつ帽子とったら禿げてる」って指をさされたくないのである。

 

これはダイアモンドホールで猛烈な人込みの中暑さで死にそうになっている僕の姿だ。死にそうなのが伝わってくるだろうか??本当は帽子を取って頭部の汗を拭いたい。すっきりしたい。でも、周りには可愛い女の子も多いし僕は帽子を取りたくても取れなくてへばっているのだ。。。

 

あ~それで、何が言いたいかと言うと、でらROCKは最高に楽しかった。踊っている間だけは禿げている事を忘れていたような気がする。円形脱毛症が発症して1か月が経ったが徐々に抜けた箇所からは髪の毛が生えてきている、今後もライブやフェスやサーキットイベントには積極的に参加していきたいし。音楽は楽しいし、髪が生えて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする