怒るエネルギーはもったいない。

僕はあまり怒らない。

タイトルの通りだけど、僕は昔からあまり怒らない方だと思う。学生の時からすぐ喧嘩する人とかいたけど、不思議でならなかった。「なぜわざわざ争わないといけないのか?」それは社会人になっても同じで怒りやすい人は10人に1人の割合でいると感じる。

 

なんで怒るのか、それは自分の思い通りにいかない時に人は怒る。僕もいらいらする時があるけど、そんな状況は決まって自分の思い通りに人が動いてくれない時だったりする。みんな親や部下や友達や恋人に思い通りになって欲しいと願っているけど、ならないから怒って訴えかけているのだろう。

 

なにが言いたいかというと、「人は自分の思い通りになんて動かないから怒った所で無駄」という事を思っている。体力を使うだけ無駄なのである。しかし、怒るという事も時にパフォーマンスとして使う人もいる。リーダーをしている人は人前で怒ったりして部隊の統率をとったりする効果があるかもしれない。パフォーマンスとして仕方なく怒る人はこの日本社会では見かける事が多いのかなと思う。

 

僕は偉くない。

先ほどの、パフォーマンスとして怒るという事。つまり、自分は偉いんだぞ!と知らしめる為に怒る。と定義をするのであれば、僕は自分を偉いと思っていないし実際に偉くない。だから、怒ったりしない。怒れる程に僕は自信がない。怒っている人を見ると、この人は自分が偉いんだって事を知ってもらいたいんだなっというメッセージとして受け取っている。偉い人なんだな~って思っている。

 

そもそも、人生において全ての出来事は自分の責任だと思う。その学校に行くのも、その会社に勤めるのも、すべて自分が選択した道である。嫌なら辞めればいいだけの話だから、辞めないという選択を毎日自分が選択している訳だから自己責任だと思う。愚痴ばかりが続くようであれば自分の選択を見直す必要があるのか、人を責めてないでその環境を選んだ自分、その愚痴を吐く環境にしかいれない自分を責めて改善していった方が自分の為にもなるし健全だと思うかな~。

 

まったり生きていきたい。

コメダ珈琲店でのんびりボーっとしながら、ジュース飲んで音楽聞いたりしながらして。夕方になったら友達とお酒を飲む。ちょっとユニクロとかで買い物する。映画を観る。運動をする。そんなにお金のかかる娯楽はしてないと思ってるけど、ただただ毎日平和にまったり生きていきたい。それが自分の目指す理想郷だと思う。こんな事書かなくてもみんなも思っている事だろう。

 

だから、みんなが協力しあって優しさで生きているだけで自分の理想郷は達成するのである。でも、人はみんな人の上に立ちたがる。マズローの欲求階層だったか??生理欲求→安全欲求→社会的欲求→承認欲求→自己実現欲求というステップを踏むようにできている。その承認欲求が強い人が多い、僕も多少ある。認めて欲しいという気持ちが多い人同士がマウントを取りたくて争いが始まってギスギスした人間関係が生まれるのではないだろうか。

 

もうみんなすごいって褒めるからさ俺が、まったり生きていこうよ。と僕は世の中に訴えていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする